本文へスキップ

IRIGは卵の新しい可能性を追及しています。

English

 

岐阜免疫研究所(Immunology Research Institute in Gifu: IRIG)のホームページへようこそ。
IRIGは長年,鶏の母子免疫システムを利用した鶏卵抗体(Immunoglobulin Yolk: IgY)の研究開発を行ってきました。
この鶏卵抗体タンパク質は、ガンマー リベチン(γ-Livetin)とも言われます。
ここでは、鶏卵抗体を動物用飼料やペットフードや食品に応用し、その作用と効果の研究成果を紹介します。

新着情報

2016年8月31日       
論文の要旨が閲覧できるようになりました。最新の学術論文を追加しました。

@ 歯周病罹患猫
におけるグロビゲンPG(卵黄リベチン)の歯周病改善効果

Companion Animal Practice, 2016, 323; 88-93
http://www.pet-honpo.com/magazine/cap/cap-116/ 

A 哺乳子牛における鶏卵黄抗体(IgY)を用いた下痢症予防対策
臨床獣医 2016, 34(4): 28-32
http://www.pet-honpo.com/magazine/rinsyo/post-575/ 

B 海外養豚情報: 子豚の免疫系を支援する
Supporting the immune system of piglets
Pig Journal 2016, 4: 56-58
http://www.animalmedia.co.jp/magazine/pigjournal/201604.php  

C 子豚の免疫系を支援する
Supporting the immune system of piglets
Asian Pork Magazine 2016, Jan/Feb: 24-27

D 特集 カビ毒対策資材
「マスターソーブ・ゴールド」
養豚界 2016, 6: 29
http://www.pet-honpo.com/magazine/youton/post-581/ 

E ボツリヌス毒素に対するカビ毒吸着剤の吸着作用
臨床獣医 2016, 34(1): 22-26     
http://www.pet-honpo.com/magazine/rinsyo/post-565/ 
2015年12月18日
最新の学術論文を追加しました。  


@ ミャンマーで発生したヒトロタウイルG12P4[6]G12P[8]の全遺伝子解析

Whole genomic analysis of human G12P[6] and G12P[8] rotavirus strains that have emerged in Myanmar.
PLoS One, 2015, 10(5): e0124965, DOI:10.1371/jounal.pone.0124965; 1-24
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0124965

A 離乳豚の下痢症コントロールに対する過免疫の鶏卵を用いた効果
Efficacy of hyperimmunized hen egg yolks in the control of diarrhea in newly weaned piglets
Food and Agricultural Immunology 2015; 26(5): 622-634
http://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/09540105.2014.998639

 

岐阜免疫研究所

〒501-1101
岐阜県岐阜市佐野839-7

TEL 058-235-7303

document-request@igy-research.com